[NativeScript入門] NativeScript Sidekickでアプリを作ろう!

注意 この記事は執筆放棄です!!!
2018/08/26 追記
Angularを使うほどのガチガチ(画面遷移多い等のコンテンツもりもり)のスマホアプリを作る気はないので、ReactNativeに乗り換えました。

詳しくわ ⇨ React Native でシンプルなメモアプリを作った!

この内容は下のリンクの翻訳+私の補足コメントになります。

NativeScript Sidekick – your faithful companion for app development

NativeScript Sidekickとは?

NativeScript Sidekickは、

NativeScript開発のための忠実な仲間です。

Sidekickを使用すると、

モバイルアプリのエキサイティングな動きを作成し、

重要ですが退屈な部分を簡単に

処理できるようにすることができます。

独自のIDEおよびツールを使用しながら、

Sidekickの豊富なスターターテンプレート、

検証済みのプラグイン、クラウドビルド、

およびデバッグをすべて使用できます。

Sidekickでこんな事ができます!

①Create app

数秒でNativeScriptのスターターキットによって

視覚的に魅力的で簡単なアプリケーションを作成できます。

AngularJavaScript、TypeScriptのいずれかを選択できます。

②お気に入りのテキストエディタを使用する

SublimeTextのような軽量エディタ、

またはVisual Studioのような

より完全なIDEを好むかどうかに関係なく、

それらはNativeScript Sidekickの開発に使うことができます。

③どこにでもビルド

テストデバイスに

簡単にアプリケーションを構築して展開できます。

クラウドサービスを使用すると、

Macデバイスなしで、

Windowsマシン上でiOSをテスト/デバッグすることさえできます。

④Debug

接続されたデバイス、iOSシミュレータ、

またはAndroidエミュレータで

NativeScriptアプリケーションをデバッグできます。

⑤NativeScriptプラグイン

NativeScriptアプリケーションで

使用されているさまざまなプラグインの

インベントリを簡単に表示できます。

ダウンロードしてみよう!

sidekick

上のリンクから、

NativeScriptの開発支援ソフトの

Sidekickをダウンロードできます。

お使いの環境に合わせてダウンロードしてください。

私はWindowsを使っているので、

Windowsを選びました。

ダウンロードが完了したら、

インストールしましょう。

インストール開始すると、

英語がずらーーっと並んだウィンドウが出てきます(怖)。

使用統計に関する質問ようです。

全文と機械翻訳を一応載せておきます。

使用統計に関する同意

you can opt to send anonymous usage statistics to help us improve nativescript sidekick. this information will be used to identify trends and usage patterns, and by doing so, improve the quality of the ptoduct and the services it offers. the gathered anonymous data is kept confidential and will be used strictly to enhance the user experience.

(訳)

あなたは匿名の使用統計を送信して、

私たちが原住者(使用者?)の仲間を改善するのを助けることができます。

この情報を使用してトレンドと使用パターンを特定し、

それによって提供されるサービスの品質を向上させます。

収集された匿名データは機密保持され、

厳密にユーザーエクスペリエンスを向上させるために使用されます。

if you agree to participate in this program , we will:
・collect information about the software and hardware configuration that nativescript sidekick needs to function.
・collect information on how you use nativescript sidekick and its services

(訳)

このプログラムに参加することに同意する場合、私たちは以下を行います:

・ネイティブスクリプトの仲間が機能するために

必要なソフトウェアとハードウェア構成に関する情報を収集します。

・ネイティブスクリプトとそのサービスの使い方に関する情報を収集する

ということのようです。

私は無料でいろいろ用意してくれて、

今後の改善もお願いしたいので、『YES』にしました。

嫌な人は『NO』でもいいとおもいます。

規約

その下にチェックボックスがあります。

規約についてです。

本来はよく読むべきなのでしょうが、

諦めました。。。

読みたい方はリンクを載せておきます。

規約

NativeScript Sidekick Terms of Service 03_30_18

Sidekickを使ってみよう!

インストールが完了すると、、

かっこいい読み込み画面が出て、、

Sidekickが起動します。

何していいのかわからないので、公式ガイトを見てみました。

Welcome to NativeScript Sidekick

以降は翻訳です。

Introduction

NativeScript Sidekickへようこそ

NativeScript Sidekickは、

軽量で強力なGUIクライアントで、

デスクトップ上で動作し、

Windows、macOS、Linuxで使用できます。

NativeScriptコマンドラインインターフェイス(CLI)の機能を強化し、

モバイルアプリケーションの開発プロセス全体を簡素化します。

Sidekickは、お気に入りのコードエディタ、

IDE、ソース管理システム、

および使用する他のツールを補完する控えめな

コンパニオンになるように設計されています。

NativeScriptは初めてですか?

この素晴らしいモバイル開発技術の詳細については、

公式のNativeScriptドキュメントを参照してください。

Get Started

NativeScript Sidekickを使用したモバイル開発の

驚異的な世界で「あなたの旅」を始める準備ができましたか?

それでは、あなたの忠実な仲間としてチームを組んだ思いで始めましょう。

Feedback

Sidekickについて考えた意見を求めます。

私たちはSidekickをさらに良くするためにあなたの意見を使用します。

お客様からのご意見は、クライアントの改善と磨きを助けるだけでなく、

将来の発展の過程に影響を与えます。

以下に、さまざまなフィードバックチャネルがあります。

  • Sidekick Feedbackリポジトリに問題を作成します。このチャンネルを使用してバグを報告したり、機能をリクエストしたり、Sidekickに関するあなたの意見を共有することができます。
  • 内蔵インターコムシステムを使用して、NativeScript Sidekickの開発担当チームと直接経験を共有してください。インターコムは、クライアントの右上にあります(Sent Feedback)。

システム要求

サポートされているオペレーティングシステム

NativeScript Sidekickは、

64ビットオペレーティングシステムでのみ使用できます。

Platform 必要条件
Windows Windows 7 Service Pack 1以降のバージョンがサポートされています。
Windowsの場合、x64(amd64)バイナリのみが提供されます。
macOS macOS 10.11(El Capitan)以降のバージョンがサポートされています。
macOSには64ビットのバイナリのみが用意されています。
Linux Ubuntu 16.04以降のLTSバージョンがサポートされています。
x64(amd64)バイナリのみがLinux用に提供されています。

最小ハードウェア要件

Component 必要条件
Memory 2 GB
Free Disk Space 300 MB
インターネット帯域幅 1 Mbps

追加要件

  • Node.js
    •  Sidekickを実行するには、最新のNode.js LTSバージョンが必要です。
  • NativeScript CLI
    • Sidekickを実行するには、最新バージョンのNativeScript CLI(現在4.0.0)をマシンにインストールする必要があります。
  • iTunes
    • 接続されたiOSデバイスにデプロイするには、最新の正式版のiTunesが必要です。
  • Drivers for Android devices
    • 接続されたAndroidデバイスに展開するには、適切なデバイスドライバが必要です。

システムのセットアップとSidekickのインストール

ステップ1:Node.jsをインストールする

NativeScript Sidekickを実行するには、

マシンにNode.jsをインストールする必要があります。

Node.jsが開発マシンにインストールされているかどうかを確認するには、

ターミナルまたはコマンドプロンプトを開き、

node –versionコマンドを実行する必要があります。

エラーが発生した場合は、https://nodejs.org/にアクセスし、

最新のNode.js LTSバージョンをダウンロードしてインストールしてください。

Node.js 6.xを使用することをお勧めします。

ステップ2:NativeScript CLIをインストールする

NativeScript Sidekickを実行するには、

最新バージョンのNativeScript CLI(現在4.0.0)を

マシンにインストールする必要があります。

npmからNativeScript CLIの最新バージョンをインストールするには、

ターミナルまたはコマンドプロンプトを開き、

次のコマンドを実行する必要があります。

npm install -g nativescript

実行するとインストールの途中でこの様な表示があります。

Do you want to help us improve NativeScript by automatically sending anonymous usage statistics? We will not use this information to identify or contact you. You can read our official Privacy Policy at
http://www.telerik.com/company/privacy-policy (Y/n)

これは前記と同様に使用状況の統計情報収集に関することのようです。

どちらか選択し、エンターで進みましょう。

(訳)

匿名の使用状況の統計情報を自動的に送信することで、NativeScriptの改善を支援したいですか?私たちは、この情報をあなたの身元確認や連絡に使用しません。私たちの公式プライバシーポリシーは次のURLで読むことができます。 http://www.telerik.com/company/privacy-policy(Y / n)

次はこんな表示が、、、

If you are using bash or zsh, you can enable command-line completion.? Do you want to enable it now? (Y/n)

(訳)

bashまたはzshを使用している場合は、コマンド行補完を使用可能にすることができます。今すぐ有効にしますか?

適宜選択し、エンターで。

これでインストール完了しました。

ステップ3:Sidekickをダウンロードしてインストールする

使用しているオペレーティングシステムに適した

インストールファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたインストール可能ファイルを実行し、

インストールを完了します。

ステップ4(オプション):ローカルビルドのiOSとAndroidの要件をインストールする

クラウドビルド機能のみを使用する予定の場合は、この手順を無視してください。

NativeScript Sidekickを使用してローカル環境を構築するには、

開発マシン上で構築する各プラットフォームを設定する必要があります。

(windowsのみやっていきます。)

NativeScript詳細設定:Windows

このページには、NativeScriptの要件をインストールし、

WindowsでNativeScriptアプリケーションを構築して

実行するための実行ガイドが含まれています。

注意:Windowsシステムでは、

NativeScript CLIを使用してAndroidアプリを開発することしかできません。

iOSアプリケーションを構築するには、NativeScript CLIがXcodeを使用するからです。

これはmacOSオペレーティングシステムでのみ利用可能です。

WindowsでiOSアプリケーションを作成する場合は、

NativeScript Sidekickのパブリックプレビューを試してみてください。

しかしNativeScript Sidekickは、

クラウド上でiOSとAndroidのビルドを実行し、

これらのシステム要件を満たすことなく、

Windows上でiOS用に構築できるようにするサービスを含む、

NativeScriptアプリケーションの堅牢なツールを提供します。

前提条件

Windows 7 Service Pack 1以降

セットアップ手順

Windows開発マシンにNativeScriptをセットアップするには、

次の手順を実行します。

    1. Chocolateyをインストールして、要件のインストールと設定を簡素化します。
      • コマンドプロンプトを管理者として実行します。
      • 次のスクリプトをコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けます。
      • コマンドプロンプトを再起動します。
      • 「choco list -localonly」を入力します。導入されていればコマンドが通ります。
        • このコマンドはインストール済みのパッケージ一覧を取得するので、以降のパッケージの導入確認にも使えます。
    2. Google Chromeをインストールする(NativeScriptアプリをデバッグするために必要)
      • コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。
    3. 最新のNode.js LTSをインストールする
      • コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。
    4. JDK 8をインストールする
      • コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。
    5. Android SDKをインストールします。
      • コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。
      • コマンドプロンプトを再起動します。
    6. Android SDKプラットフォーム25、Android SDKビルドツール25.0.2以降、Androidサポートリポジトリ、Googleリポジトリ、その他の必要なSDKのすべてのパッケージをインストールします。または、次のコマンドを使用して、必要なパッケージをすべてインストールします。
    7. Android仮想デバイス(AVD)をインストールします。それを行うには複数の方法がありますので、1つだけを選択してください.(1がおすすめ)
      1.  管理者としてコマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。使っているアンチウィルスソフトが邪魔することもあるので適宜切ります。(scriptの中身
          • スムーズに行くと↓のようになる。
          • 途中でインストーラーが立ち上がることがありますが、普通にインストールすればOK
          • すでにこのHAXMがインストールされていれば、インストールする必要はありません(古かったらremoveして再インストール)
            • 新しい場合のメッセージ
              • a newer vison of hardware accelerated exwcution manger is already installed. the current installation will exit. if you realy want to downgrade, you can uninstall the newer version from the control panel first and then install the older version
            • (訳)
              • 新しいビジョンまたはハードウェアアクセラレーションされたエクスポージャーマネージャーは既にインストールされています。 現在のインストールが終了します。 本当にダウングレードしたい場合は、コントロールパネルから新しいバージョンをアンインストールしてから古いバージョンをインストールすることができます
            • ↑のメッセージが出なければ古いのでremoveして再インストールしましょう
              • インストーラの「NEXT」の先にあります
          • インストール出来ない場合(vt-xエラー)
            • エラー文
              • this computer meets the requirements for haxm, but intel virtualization techology (vt-x) is not turned on.
                haxm cannot be installed until vt-x is eneble.
                please refer to the intel xaxm documentation for more infomation
            • (訳)
              • このコンピュータはhaxmの要件を満たしていますが、Intel仮想化技術(vt-x)はオンになっていません。
                haxmはvt-xがenebleになるまでインストールできません。
                詳細は、xaxmのドキュメントを参照してください。
            • 対策(使っているBIOSの設定をいじる、参考リンクはASUSUの場合)
          • インストール出来ない場合(アンチウィルスソフト)
          • インストール出来ない場合(既に存在します)
            • エラー文
              • Error: Android Virtual Device ‘Emulator-Api25-Default-haxm’ already exists.
                Use –force if you want to replace it.
                null
                ERROR: An error occurred while installing Android emulator. Please, install it manually.
            • (訳)
              • エラー:Android仮想デバイス ‘Emulator-Api25 Default-Haxm’が既に存在します。
                交換する場合は–forを使用します。
                ゼロ
                エラー:Androidエミュレータのインストール中にエラーが発生しました。 手動でインストールしてください。
            • 対策
              • 私の場合は、この後に紹介する2.の方法を進めたもののできずに1.でやり直したので中途半端なデバイスが作られていました。
                •  以下のフォルダの中の.avdで終わるフォルダとiniを消します
                • C:\Users\%username%\.android\avd\
              • 参考:Android – FAQ and Common Issues
        • 私は何とかこの方法でインストールできました!
      2. Android Studioを使用し、そこからAndroid仮想デバイス(AVD)をインストールします。 (この方法を選ぶなら公式へどうぞ)
      3.  また、Android用のVisual Studioエミュレータを使用することもできますが、Windows 8以降でPROが必要です。
    8. NativeScript CLIをインストール
      • 次のコマンドを実行します。
        • If you are using bash or zsh, you can enable command-line completion. と聞かれるのでどちらか選択
          ? Do you want to enable it now? No
        • ? (press Enter for blank)と出れば完了
      • コマンドプロンプトを再起動します。
    9. システムが正しく構成されているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行
      • このように表示されればOKです!

見づらいですが、

No issues were detected. とあればOK!

あとの3つはこれからのものです。

Release Notes

興味がある方はこちらをどうぞ。

既知の問題点

Linux

Linuxでは、iOSデバイスはSidekickでは検出されません。
回避策:なし。これはLinux OSの制限です。

Sidekick

アプリケーション設定でPluginsタブからプラグインを選択、

インストール、更新、または削除すると、

内部サーバーエラーが発生することがあります。

回避策:コマンドライン端末から手動でプラグインをインストールします(Windowsではコマンドプロンプト、macOSではLinux、Linuxではターミナル)。

node

npm 5.0.0,5.0.1または5.0.2を使用している場合、

Sidekickはその依存関係の1つをインストールすることができず、

クラウドで構築することはできません。

回避策:npmの新しいバージョンをインストールします

npm 5.4.0,5.4.1、または5.4.2を使用している場合、

nativescript-telerik-uiプラグインを含むテンプレートに基づいて

新しいアプリケーションを作成することはできません。

回避策:npmの古いバージョンまたは新しいバージョンをインストールします。

chrome

デバッグするときに、グローバルリスナーパネルを展開すると、

Chrome DevToolsコンソールにエラーメッセージが表示されます。

回避策:なし。

JavaScript

デバッグすると、JavaScriptファイルに配置されたブレークポイントは、

TypeScriptファイルの不正な位置に転送されます。

回避策:TypeScriptファイルにのみブレークポイントを配置します。

Android

.keystoreまたは.jks証明書を使用すると、

Android用リリースクラウドビルドに失敗し、

次のエラーメッセージが表示されます。

8,16,24、または32ビットのみがサポートされます。

回避策:代わりに.p12証明書を使用します。この資料に記載されている手順に従って、.keystoreおよび.jksファイルを.p12に変換することができます。

Android搭載端末では、デバッグセッションを開始すると、

アプリが一時的に応答しなくなります。

回避策:数秒待ってから、「App not responding」ポップアップが表示されたら、「Wait」を選択します。

Android搭載端末で、デバッグセッションを開始して

すぐに複数回連続して停止すると、

アプリが応答しなくなり、閉じることがあります。

回避策:なし。

Androidデバイスで、

NativeScript CLIでアプリケーションをビルドしてLiveSyncしてから、

NativeScript Sidekickの接続デバイスにそのアプリケーションを

ビルドして展開しようとすると、

問題が発生する可能性があります。

NativeScript CLIの最後のビルドからアプリケーションが正しく更新されず、

状態が保持されないことがあります。

回避策:影響を受けるデバイスから/ data / local / フォルダを削除します。これは、次のコマンドを実行することで実現できます。まず、adbシェルコマンドを実行し、その後にrm -rf data / local / tml / コマンドを実行します。

Windows 7

.NET Framework 4.5がインストールされていない

Windows 7 ProfessionalシステムにNativeScript Sidekickを

インストールすることはできません。

回避策:.NET Framework 4.5をインストールし、NativeScript Sidekickをインストールします。

Windows

Windowsでは、

アプリケーションを作成するベースフォルダと

アプリケーションフォルダ名の合計の長さが

60シンボルを超える場合、

Android用にローカルに構築することはできません。

プロセスが失敗し、次のエラーメッセージが表示されます。

エラー:ファイル<ファイルへのパス>をクランチできませんでした。

回避策:ベースフォルダ名とアプリ名の文字長の合計が60記号未満であることを確認してください。

macOS

macOSでは、クライアントが停止していても、

NativeScript Sidekickヘルパープロセスは自動更新後に終了しないことがあります。

回避策:漏れたヘルパープロセスを手動で停止します。

macOSとLinuxでは、

ファイルの実行を禁止するパーティションにアプリケーションがある場合、

そのアプリケーションを構築することはできません。

回避策:各パーティションのファイル実行を許可するか、プロジェクトを別のパーティションに移動します。

macOSでは、ローカルのiOSビルドは、

デフォルトの開発チームがネイティブXcodeプロジェクトで

指定されていないと完了できません。

回避策:Xcodeを開き、開発アカウントでログインします。

macOSでは、2つ以上の開発チームのメンバーである場合、

ローカルiOSビルドが完了せず、次のエラーメッセージが表示されます。

エラー:デフォルト開発チームを特定できません。

利用可能な開発チームは、YOUR_TEAM_ID、YOUR_TEAM_IDです。

回避策:チームを手動で選択します。

  1. あなたのアプリケーションフォルダで、app / AppResources / iOSに移動し、build.xcconfigファイルを開きます。
  2. (オプション)build.xcconfigファイルが存在しない場合は、手動で作成します。
  3. DEVELOPMENT_TEAM = YOUR_TEAM_IDと入力してチームIDを指定します。 YOUR_TEAM_IDは、エラーメッセージまたはApple Developer Portalから入手できます。

(開発が怖くなってきました。。。)

Get started

Sidekick入門ガイド

Sidekick Getting Started Guide

NativeScript Sidekick入門ガイドへようこそ。

このチュートリアルでは、

Sidekickを使用して新しいNativeScriptアプリケーションを作成し、

ローカルおよびクラウドで構築し、

iOSおよびAndroidデバイスに展開し、

変更を保存し、最終的にデバッグする方法を学習します。

このチュートリアルを開始するには、

Sidekickを適切にインストールして構成する必要があります。

これを行うには、

「https://docs.nativescript.org/sidekick/intro/installation」に

記載されている手順に従ってください。

(この記事のシステムのセットアップとSidekickのインストールでやりました)

第1章 – アプリケーションの作成と設定

この章では、

SidekickでNativeScriptアプリケーションを作成する方法を学習します。

次に、新しく作成したアプリの設定を簡単に変更できることがわかります。

最後に、Sidekickを使用してNativeScriptプラグインを見つけ、

アプリに組み込みます。始めましょう。

新しいアプリケーションを作成する

NativeScript Sidekickを初めて起動すると、

startupが表示されます。

入門者向けに役立つであろうリンクが表示されています。

そのウィンドウの左下を見てください、

「Create」ボタンと「Open」ボタンが表示されています。

新しいNativeScriptアプリケーションの作成を開始するには、

[Create]ボタンをクリックします。

ここで、アプリケーションの名前を設定し、

それが配置されるフォルダを選択し、

アプリケーション識別子(アプリケーションID)を

変更する必要があれば、入力します。

これらの設定の詳細については、

「App Settings」を参照してください。

間違っていると思っても心配しないでください。

これらの設定のほとんどは、

後で[App Settings]パネルから変更できます。

さらに、プロジェクトタイプと

開始テンプレートを選択する必要があります。

このチュートリアルでは、

Angular&TypeScriptプロジェクトタイプと

Master-Detail with Firebaseテンプレートを選択することをお勧めします。

このテンプレートは、最も充実した体験を提供し、

NativeScriptの真の機能を示すものと確信しています。

そして、[Create]をクリックし、プロジェクトを作成します。

また「My apps」ボタンから、

作成したアプリのリストを見ることができます。

Sidekickに関連付けられているすべてのアプリケーションを

表示および管理することができます。

アプリの設定を変更する

新しく作成したアプリが自動的に開きます。

App SettingsパネルのGeneralタブを表示します。

このタブでは、いくつかの新しい設定と同様に、

よく知られている設定が表示されます。

たとえば、Application Versionプロパティを使用して、

AndroidおよびiOSビルド用の統一バージョンを作成できます。

ただし、Application Versionフィールドが無効で

編集できないことに気付きましたか?これを修正しましょう。

[Application Version]フィールドを有効にするには、

[App Settings]で[Android]タブを開き、

アプリケーションのバージョンコードを

10000に設定して[SAVE]を押す必要があります。

ここで、[General]タブに戻ると、

アプリケーションのバージョンが有効になっていることがわかります。

この値を1.1.0に変更すると、

iOSタブのアプリケーションバージョンとアプリケーションビルドバージョン、

およびAndroidタブのアプリケーションバージョンと

アプリケーションバージョンコードが適宜更新されます。

これらの値を計算するために使用される正確な公式は、

一般設定に示されています。

プラットフォーム固有の設定を変更することもできます。

各プロパティの詳細については、

Androidの設定iOSの設定をご覧ください。

プラグインを含める

App Settingsの[Plugins]タブでは、

NativeScript CLIコマンドを使用せずに

npmパッケージとプラグインをインストール、

更新、設定、および削除できます。

[Installed]には、

現在インストールされているプラ​​グインと

そのバージョンが表示されます。

いずれかのプラグインを選択すると、

プラグインを更新したり削除したりすることができます。

Availableでは、npmで直接プラグインを検索できます。

今すぐ試してみましょう。

検索ボックスにプラグインの名前を入力し、

Sidekickにその導入をさせるだけです。

検索パラメータに基づいて、

入力に一致する1つまたは複数の結果が表示されます。

必要なプラグインを選択し、

[Installed]をクリックしてダウンロードし、

アプリにプラグインを組み込みます。

次の章に進み、

新しいアプリを構築する方法を見てみましょう。

第2章 – アプリケーションの構築

この章では、クラウドとローカルビルドについて、

そしてその2つの最も重要な違いについて教えていきます。

また、AndroidとiOS向けにアプリを

構築するために必要な要件と手順についても説明します。

クラウドビルドとローカルビルド

クラウドとローカルビルドの違いを解説します。

クラウドを構築するための予備設定は不要

クラウドにアプリケーションを構築するために、

追加のSDKやフレームワークをインストールする必要はありません。

たとえば、Android SDKまたはJava Development Kitを

インストールする必要はありません。

これと比較して、ローカルでビルドするには、

ローカルビルドのiOSとAndroidの要件をインストールする」の

記事で説明しているように、

開発マシンをセットアップする必要があります。

iOS向けアプリををmac以外で構築

クラウドの構築は、

iOS用のアプリを構築するmacOSシステムの必要性を否定します。

WindowsまたはLinuxシステムを使用して、

iOS用のNativeScriptアプリを開発することができます。

クラウドでアプリケーションを構築するには、

Telerikアカウントが必要です。

あなたはここから無料で作成することができます。

Android用にビルドする

Android向けにアプリを構築するための要件を見てみましょう。

上記のように、Androidアプリをローカルに構築するには、

すべての要件があなたのマシンにインストールされている必要があります。

このチュートリアルでは、デバッグ設定でアプリケーションをビルドします。

ただし、リリース設定でアプリを作成する場合は、

有効なGoogle Playの証明書が必要です。

Sidekickを実行していない場合は、

今すぐ起動してアプリを開きます。

ビルドビューを開くには、[Run]、[Build]の順に選択します。

ターゲットプラットフォームにAndroidを選択し、

ビルドタイプの選択を、設定をDebugのままにします。

[Build]ボタンをクリックすると、アプリケーションの構築が開始されます。

アプリが完全なビルドを行っているため、

最初のビルドは完了するまでに時間がかかることがあります。

ただし、ほとんどのデータはキャッシュされ、

次からのビルドでも再利用されます。

これは「インクリメンタルビルド」と呼ばれ、

ビルドを完了するために必要な時間が大幅に短縮されます。

待っている間は、

ビルド中に生成されたログを調べることができます。

これにアクセスするには、

クライアントの右下隅にある[Output]ボタンをクリックします。

[All]タブの下には、ビルド手順、警告、エラーなど、

ビルドに関するフィルタされていない情報が表示されます。

[Errors]タブには、ビルドに失敗したエラーのみが表示されます。

ビルドプロセスが完了すると、

生成されたアプリケーションパッケージ(APK)への

QRコードとローカルパスが表示されます。

APKを手動でインストールするか、

またはAndroidデバイスにバーコードスキャナアプリを

インストールしてQRコードをスキャンすることができます。

これはあなたのアプリを直接デバイスにダウンロードします。

iOS用に構築する

今すぐiOS向けにアプリを構築する方法を見てみましょう。

上記のように、iOSアプリケーションをローカルに構築するには、

適切に設定されたmacOSシステムが必要です。

macOS以外で、iOS用のアプリを構築するには、

有効な証明書とモバイル提供を提供する必要があります。

iOSコード署名の詳細については、

iOSデベロッパープログラム」を参照してください。

このチュートリアルでは、

iOSデベロッパーセンターで証明書とモバイルプロビジョニングを

作成するという面倒なプロセスを経るのではなく、

コード署名の支援であるNativeScript Sidekickの別の機能を使用します。

チュートリアルを続行する前に、コード署名支援の記事を開き、

そこに記載されている手順に従って

一時的な開発証明書とモバイル提供を生成してください。

独自の証明書とモバイルプロビジョニングをお持ちの場合は、

この手順をスキップしてください。

(では、チュートリアルを中断してコード署名支援の記事を見ていきましょう。)

コード署名支援

iOSデバイスでアプリを構築して展開するには、

有効な証明書とモバイル提供でコードを署名する必要があります。

コード署名の支援は、

デバイスにアプリをデプロイしてテストするために使用できる

一時的な証明書とモバイル規定を自動的に生成するのに役立ちます。

自動的に生成されたコード署名アセットを使用して

App Storeにアプリを公開することはできません。

現在、無料のApple Developerアカウントを

持つユーザーのみが自動コード署名アセットの

生成の恩恵を受けることができます。

私たちはこの機能を拡張し、

あらゆる種類のアカウントで利用できるようにしています。

ここから無料のApple Developerアカウントを作成することができます。

生成中にあなたのマシンに接続されているiOSデバイスは、

モバイルプロビジョニングに含まれます。

このモバイルプロビジョニングで署名されたアプリケーションは、

それらのデバイスでのみ導入できます。

一時的な証明書とモバイルプロビジョニングを生成するには、

アプリケーションに固有のApp IDが必要です。

前提条件
  • 無料のApple Developerアカウントを使用していることを確認してください。
  • 少なくとも1つのiOSデバイスをコンピュータに接続していることを確認します。
  • アプリケーションのアプリケーションIDが一意であることを確認します。

手順(こんなスムーズにいきません。。)
  1. Sidekickを起動してアプリを開きます。
  2. iOSデバイスをパソコンに繋げます。
  3. Run→Run on Deviceを選択します。
  4. iOSデバイスボックスの上にカーソルを置き、右上隅の設定アイコン(歯車)をクリックします。
  5. [Manage iOS Provisioning and Certificates]ダイアログで、[Auto Generate]を選択します。
  6. AppleIDの情報を入力し、[Generate]を選択します。
  7. 新しく作成した証明書のパスワード(なんでも○、後で入力するので忘れない)を入力します。[Set Password]をクリックします。
  8. Manage iOS Provisioning and Certificatesダイアログを閉じます。
  9. デバイスで実行するを選択すると、アプリをビルドしてデバイスにデプロイできます。

3から6でつまずくところ(非翻訳)

3で下のようにアラートが出ます。

Cannot deploy on one or more devices
The following devices do not have valid code signing credentials: iPhone. Click on the settings icon (⚙) to modify your code signing configuration and then try again.

The deployment can proceed on any device without a warning sign.

(訳)

1つ以上のデバイスにデプロイできません

次のデバイスは有効なコード署名資格情報を持っていません:iPhone。

設定アイコン(⚙)をクリックしてコード署名の設定を変更し、

もう一度やり直してください。

デブロイは、警告標識なしで任意のデバイス上で続行できます。

Auto Generateをクリックします。

下のフォームが表示されるので入力します。

私の端末では二段階認証を設定しているので、次の警告がでました。

二段階認証を切る必要があるようです。

切ってみましたが、またエラーになりました。

Auto Generation Failed

An error has occured while generating the certificate and mobile provision. Reason: . An App ID with Identifier ‘org.nativescript.TODO’ is not available. Please enter a different string.

(訳)

自動生成に失敗しました

証明書とモバイルプロビジョニングの生成中にエラーが発生しました。

理由: 識別子 ‘org.nativescript.TODO’を持つApp IDは使用できません。

別の文字列を入力してください。

アプリケーションのIDが一意であることを確認します。

アプリケーションのIDを変更したら無事次にいけます。

一時的な開発証明書とプロビジョニングプロファイルを作成したので、

接続されたデバイスにアプリケーションを配置してテストすることができます。

(チュートリアルに戻ります。)

一時的なコード署名アセットは、

デバッグ設定でのみアプリケーションをビルドするために使用できます。

リリースでアプリケーションを構築するには、

有効な配布証明書配布プロビジョニングプロファイル

手動で作成する必要があります。

(さっきつくったやつ)

証明書とモバイルプロビジョニングができたら、

実際に移動して実際にアプリケーションを構築しましょう。

Sidekickを実行していない場合は、今すぐ起動してアプリを開きます。

ビルドビューを開くには、[Run]、[Build]の順に選択します。

ターゲットプラットフォームのiOSを選択し、

iOSプラットフォームボックスにホバリングして、

設定アイコン(⚙)をクリックします。

コード署名の補助またはあなた自身の証明書と

提供されたプロビジョニングを設定し、ダイアログを閉じます。

(先程作成した、開発証明書とプロビジョニングプロファイルのこと)

ビルドタイプを選択し、設定をデバッグのままにします。

[Build]ボタンをクリックすると、アプリケーションの構築が開始されます。

ビルドプロセスが完了すると、

生成されたアプリケーションパッケージ(IPA)への

ローカルパスが表示されます。

IPAは、iTunesを使用してデバイスに手動でインストールできます。

コード署名の支援を使用している場合は、

一時的な証明書とモバイル提供を生成している間に、

マシンに接続されているデバイスにのみアプリケーションをインストールできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする