静的型付け

プログラミング言語で書かれたプログラムにおいて、変数や、サブルーチンの引数や返り値などの値について、その型が、コンパイル時など、そのプログラムの実行よりも前にあらかじめ決められている、という型システムの性質のことである。静的型付け – Wikipedia
プログラムの実行前と後で変わらない
« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする