メタデータ

メタデータは Angular にクラスをどのように処理するか教えるためのものです。

例えば、Angular システムでいう「モジュール」も 「コンポーネント」もどちらも、言い方を変えれば 「TypeScriptのクラス」です。

しかし、メタデータをアタッチすることで、「Angular モジュール」とか「Angular コンポーネント」になります。

メタデータ – Angular 入門

リンク先にわかりやすい例があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする