コールバック

コールバック(英: Callback)とは、プログラミングにおいて、他のコードの引数として渡されるサブルーチンである。これにより、低レベルの抽象化層が高レベルの層で定義されたサブルーチン(または関数)を呼び出せるようになる。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする