コンパイラ

コンパイラとは、いわゆる「プログラミング言語」(=人間が理解しやすい言語や数式でプログラムを記述可能な人工言語)で書かれたプログラムを、コンピュータ(のCPU)が直接的に実行できる機械語(あるいは、元のプログラムよりも低いレベルのコード。たとえばバイトコードなどの中間言語)に変換するプログラムのことである。
コンパイラによって変換される前のプログラムを「ソースコード」を呼び、変換後の機械語(や中間言語のプログラム)などを「オブジェクトコード」と呼ぶ。 コンパイラによる変換することを動詞で「compile コンパイル」と呼ぶ。(なお、コンパイラによっては、変換することを「build ビルド」と呼んでいるものもある。ただし、厳密には「コンパイル」は「ビルド」の一工程である。)。直接バイナリコードを出力するものもあるが、コンパイラ自体はアセンブリ言語によるコードを出力するにとどまり、その先、それをバイナリに変換する作業はアセンブラに任せているものも多い。
« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする