アプリケーションシェル

アプリケーションシェル(App Shell)アーキテクチャは、ネイティブ アプリのように瞬時に、そして確実にユーザーの画面に読み込める Progressive Web App を構築する方法の 1 つです。

アプリの「シェル」とは、ユーザー インターフェースが機能するために必要な最小限の HTML、CSS、JavaScript です。これらをオフラインで使用できるようにキャッシュしておくことで、ユーザーが同じページに再アクセスした際に、瞬時に高いパフォーマンス が発揮されます。つまり App Shell は、ユーザーがアクセスするたびにネットワークからすべて読み込まれるわけではなく、必要なコンテンツだけが読み込まれます。

JavaScript を多用したアーキテクチャのシングルページ アプリに対しては、App Shell が有力なアプローチとなります。このアプローチではアプリを実行させるために(Service Worker を使用して)積極的にセルをキャッシュします。次に、JavaScript を使用して各ページの動的コンテンツを読み込みます。App Shell はオフライン環境で、最初の HTML コンテンツを高速で画面に表示するのに役立ちます。

App Shell モデル  |  Web  |  Google Developers

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする