[設計] Angularの設計書作成サービスAngularDocって?!

Introducing AngularDoc Team Services – AngularDoc – Medium

この記事は上のリンク先の翻訳です。

こんなことができます!

AngularDocとは?

JavaScript/TypeScriptアプリケーションの静的分析を提供するサービスです。こういったサービスは世界初なんだとか、、、

AngularDocは2年以上にわたり、Angular JS / Angularプロジェクトのコード分析を提供してきました。そして、今回の新しいリリースでは、ReactとVueの2つのWebアプリケーションフレームワークのサポートを追加しました。

AngularDoc Team Servicesの詳細な機能については、angulardoc.ioで確認できます。ここでは新しい追加機能として、チーム開発で必ず役に立つ状態管理図を紹介しましょう。

NgRx、Redux、およびVuexの状態管理図

こちらで画像のような表示を確認できます。

Redux、NgRx、Vuexなどの状態管理ライブラリは、Webアプリケーションで広く使用されています。ライブラリによって構成や用語が異なる場合がありますが、中心的なアーキテクチャは似ています。状態の唯一の真実の源である中央ストアと、それぞれの単一のタスクに焦点を絞った分離コンポーネントなどがあります。アクションのディスパッチ、状態の変更、および状態のスライスの表示そのような設計の利点は明らかですが、これらのライブラリの共通の不満はそれらの冗長性です – アクションのライフサイクルを通して実行されるコードは複数のモジュールに点在しています。

当社の状態管理図(Redux、NgRx、Vuex)は、状態管理構造全体を目の前に配置するように特別に設計されています。アクションがシステム内をどのように流れるかを追跡できます。アクションをディスパッチするコンポーネントから、アクションを受け取ったときに状態を変更するreducer/mutation、そして最後に新しい状態を表示するコンポーネントまでです。さらに良いことには、ダイアグラム内の項目をクリックすると、対応するコードスニペットがテキストエディタで強調表示されます。

これは、大規模なプロジェクトに取り組んでいる開発者がストアの実装を迅速に実行するために特に役立ちます。それはまたNgRx / Redux / Vuexを使うことを学んでいる開発者にとってすばらしい視覚的な援助です。さらに、SVGで図をキャプチャし、ダウンロードしたファイルをドキュメントに埋め込むことができます。

What’s next

DEMOサイト

Angular、React、およびVue用のサンプルリポジトリのコレクションがあり、AngularDoc Team Serviceが提供するサービスを体験できるように、デモサイトAngularDoc-Showcasesがあります

登録方法

AngularDoc Team Serviceは現在GitHubリポジトリで利用可能です。2つの方法でサービスを使用することができます。

  1. オープンソースプロジェクトなら無料
  2. クローズドソースプロジェクトなら年間99ドルです。

どちらの場合も、登録は簡単な3ステップのプロセスです。

  1. GitHubの認証情報を使用してログインし、AngularDocにリポジトリへのアクセスを許可します。
  2. ワンクリックであなたのアカウントのサブドメイン( .angulardoc.io)を設定します。
  3. AngularDoc Team Serviceを使用するリポジトリを選択してください。

登録後は私達におまかせください! – 私達はあなたのソースコードとそのコミット履歴を自動的に分析し、そして将来のコミットは自動的に私達のWebhookを通して同期されるでしょう。数分以内に、あなたのチームはあなたが今まで見たことのないあなたのアプリケーションの構造への洞察を提供するライブダイアグラムの豊富なセットを楽しむことができます。

質問やご意見がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

と言っています。。。⬇️

Introducing AngularDoc Team Services – AngularDoc – Medium

VS

類似サービスに、CompodocTypeDocがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする