[超初心者が行く] Angular5入門 Angularって何?

Angularって何?

Angular は、Googleと個人や企業のコミュニティによって開発されている、完全にJavaScriptで書かれたオープンソースのフロントエンドWebアプリケーションフレームワークである。

素晴らしきWikipediaによると

JavaScriptのオープンソースフロントエンドWebアプリケーションフレームワーク!

らしい・・・。

やっと、htmlやcssを読めるようになった超初心者の私はちんぷんかんぷん(泣)。

ありがたいことに、Wikipediaにはそれぞれリンクがあるからそれぞれどんな意味か見てみると。

  • JavaScript=プログラミング言語(用途:動的ウェブサイト構築など)
  • オープンソース=ソースコードを公開
    • 公開することで使用者の自由度を高める
    • むしろ、ブラックボックス化していたら扱いにくい
  • フロントエンド=利用者に見える部分
  • Webアプリケーションフレームワーク
    • 動的な ウェブサイト、Webアプリケーション、Webサービスの開発をサポートするために設計されたアプリケーションフレームワークである。 フレームワークの目的は、Web開発で用いられる共通した作業に伴う労力を軽減することである。

つまり、Angularは

動的な ウェブサイトなどで、いくつもある処理を軽減するために、

共通の部分をJavaScriptを使って簡略化したプログラム!

ということになります。

超初心者の身としたら、

「なんでそんなものがいるの?わけわかんね。」

と心の声を漏らしながらAngularのサイトのQuickStartをやってみようと思います。

[超初心者が行く] Angular5 QuickStartしてみた – まんくつ

また、こちらでAngularを使えるまでの道筋をまとめました。

Angular5入門 – まんくつ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする