コマンド・ショートカット集

Angular CLIコマンド

ng new

Angular CLIを使用すると、すぐに使えるアプリケーションを簡単に作成できます。

ng new my–app
「my–app」というプロジェクトを作成する。

ng generate

簡単なコマンドでコンポーネント、ルートサービス、パイプを生成します。 CLIは、これらすべてのための簡単なテストシェルも作成します。

ng generate module app-routing –flat –module=app
  • –flatは、src / appにファイルを置きます。
  • –module = appは、AppModuleのインポート配列にそのモジュールを登録するようにCLIに指示します。
ng g module
generateをgだけで短縮することもできる。

カスタムパイプ

ng g pipe パイプ名

ng serve

開発中にアプリをローカルで簡単にテストできます。

ng serve –open

または

ng serve –o
サーバーを起動して、その後、自動的に開く

http://localhost:4200/

開かないときはこのアドレスを!

サーバーを停止するにはCtrl+C

npmコマンド

npm install –g @angular/cli

npmでangularクライアントをグローバルにinstall

npm install bootstrap@next –save

最新版のbootstrapをインストールする。

.angular-cli.jsonファイルの”apps”の配列内の”styles”の配列の”styles.css”の上に次を手動で加える。

“../node_modules/bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css”,

npm install date-fns –save

javaScriptライブラリから日付の型をインストール

コマンド

cd my-app

change directory

小フォルダのmy-appにカレントを移動

VSCショートカット

コメントアウト

Ctrl + K の後に Ctrl + C

アンコメントアウト

Ctrl + K の後に Ctrl + C

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする